浦和ピアノ教室は埼玉県武蔵浦和駅徒歩15分。初心者の方も多くクラシックからポップス、コンクールや音高・音大受験対策、保育士試験対策に加え、作編曲や楽典もレッスン。子供はもちろん、OLの女性や中高年の男性など大人にも大好評!
 

浦和ピアノ教室/埼玉県武蔵浦和駅近くのピアノ教室

浦和ピアノ教室 ビルボード
- 浦和ピアノ教室講師が、独断と偏見でお送りする -

ピアノ 初心者講座


No.001 〜 赤ちゃんの音 〜

赤ちゃんの産声はピアノでいうと?


初めまして!浦和ピアノ教室講師の加藤です。
 
私事で恐縮なのですが、最近第一子を出産致しまして、忙しくも充実した毎日を送っております。
 
ところで、皆さん赤ちゃんの産声は共通して「ラ」の音、というお話を聞いたことはないでしょうか?
 
テレビや他メディアでも取り上げられているこのお話。
しかし実際にピアノの鍵盤の「ラ」を押してみるものの、今いちピンと来ない方も多くいらっしゃるようです。
どこが「ラ」なんだ!高くなったり低くなったりしているじゃないか!と。
 
はい。
赤ちゃんは機械ではありません(T-T)
「ラーーーー」
と、高低差なく、ピアノの鍵盤を鳴らしている状態と全く同じ音程で泣くアンドロイドベイビーなんていないです。
 
音=振動(振動数の単位をヘルツと言います)
であり、この「ラ」というのは440Hz(ヘルツ)です。
 
赤ちゃんの産声は400500Hzと言われているので、「ラ」近辺の音だと考えると分かりやすいです^_^
 
これは日本の赤ちゃんだけでなく、全世界の赤ちゃんに共通しており、また人間だけではなく哺乳類全般も同じ音だと言われています。
 
面白いですね~!
 
因みに自分が出産した時は、お!我が子も440Hzで泣いているぜ♪なんて意識している気力はありませんでした。
 
音楽はとても奥が深いです。
いろんな座学含めながら楽しくレッスンをしておりますので、
是非一度無料体験レッスンにお越しくださいませ(*^^*)
 


浦和ピアノ教室/無料体験レッスン

浦和ピアノ教室/お問い合わせ

当教室講師も長年利用!!楽器を買うなら「サウンドハウス」がオススメです。

サウンドハウス